Tel 042-642-6780
Kitano Town Dental Clinic
top

思うことに戻る

抜歯について

 患者さんにとって一番嫌なこと、抜歯についてお話しします。最近は治療の進歩により抜歯するというケースもだいぶ減って来たように思います。しかし、それでも抜歯するしかないという場合があるのも事実です。抜歯しなければならない理由は大きく分けて3つの場合があると思います。
 
 
1 歯そのものが駄目な場合
 歯は虫歯が進んで根だけになっても残せます。根がしっかりしていれば土台をたてて冠を被せることが可能です。しかし根自体が駄目な場合は抜歯せざるを得ません。具体的には歯茎の奥の方まで虫歯が進んでしまったもの、根の途中で穴が開いてしまったもの、根の股の所まで虫歯が進んでしまったもの、根が割れてしまったものなどです。
 
 
2 歯の周りが駄目な場合
 歯そのものは大丈夫でも、歯を支えている周りが駄目な場合です。一般的にいう歯槽膿漏などで歯を支えている骨が無くなってしまったもの、または根の先の病気が大きくて根の治療で対応できないものなどです。
 
 
3 親知らず 
 別の項目で書いたように親知らずで痛みがある場合は基本的に抜歯になります。
 
 
 私は一応その他に選択肢が考えられる場合にはその方法を採るようにしています。その方法で少しでもその歯が使えるのであればそうしているつもりですが、それでも抜歯を勧めなくてはならない場合があります。しかし患者さんの身体の一部を取ってしまう訳ですから、最終的な決定権は患者さんにあると思っています。ですから緊急の場合を除いては当日の抜歯はせずに説明のみにとどめ、患者さんが納得されてから次回に抜歯するようにしています。